ワイヤーの矯正

ワイヤーの矯正

歯列矯正の中では最も一般的な方法として、ブラケットと呼ばれる矯正器具とワイヤーを使った治療があります。
1本1本の歯すべてにブラケットを装着してワイヤーを通し、歯全体を固定して力をかけながら移動させていくというものです。

 

まず、この治療方法の最大のメリットとして挙げられるのが、どのような歯並び、咬み合わせでも対応できるという点です。
上下の奥歯から前歯までを引っ張りますので、全体的にきれいな歯並びに動きます。

 

基本的には歯を削ったり抜いたりしない方向で治療を進めますが、どうしても必要な場合には歯を削ったり、歯を数本抜歯することがあります。

 

約2〜3年をかけて治療を行いますが、治療中はワイヤーを外すことができません。
また、月に1回程度ワイヤーの調整を行います。
そして、矯正治療終了後には歯が元の位置に戻らないようにするために専用装置を取り付けます。
これは保定装置と呼ばれるものですが、治療をしていた期間の約2倍の期間を目安に装着を続ける必要があります。
治療後に何もしないと歯の戻りが起こりやすいので、歯の間に隙間ができてしまうことを予防するために治療の一環として行います。

 

これまでの矯正装置は金属製のものが一般的でしたが、なるべく目立たないように治療ができるように、現在の矯正歯科にはホワイトワイヤーや透明ワイヤーを使用できる治療メニューも増えてきました。
しかも、ブラケットも透明で目立たないものを選択できるようになっています。
審美性の高い矯正装置は若干治療費用が割高ですが、目立たない、周囲に気づかれにくいというメリットから多くの方が利用しています。

 

理想的な歯並びを作り上げるためには歯列矯正は欠かせない治療です。
見た目の美しさはもちろんのこと、咬み合わせが良くなると歯の健康や顔の骨格のバランスまで改善されてきます。
様々な歯列矯正の治療方法がありますが、無難なワイヤー矯正を選べば失敗のリスクも少ないと言えるでしょう。
『安心して歯並びをきれいに治したい!』という方は、矯正歯科専門医の在籍している矯正歯科をさっそく探してみましょう。