いくらかかるか?

いくらかかるか?

歯科矯正は、ほとんどの場合保険適用外ですから、治療の決断にはかなりの勇気が必要ですね。
普通の病気やけがとはケタが違う費用がかかります。

 

歯科矯正の基本料金は、一般的に治療を始める時期と矯正部分によって異なります。
【治療開始時期】
・成人矯正(矯正U期):約60万円〜100万円
すべて永久歯に生え変わってから行う矯正治療の場合です。
小児矯正をした場合は、成人矯正の負担が少なくなります。

 

たとえば小児矯正をしてから継続して成人矯正をする場合は、小児矯正40万円、成人矯正20万円というふうに計算されます。
小児矯正をしたからと言って、永久歯が完璧にそろう確率は少ないので、成人矯正分も頭に入れておかなければなりません。

 

小児矯正は行わず、成人矯正から始めた場合でも、やっぱり60万円かかることになります。
成人矯正だけだからと言って、その分の20万円で済むわけではありません。

 

・小児矯正(矯正T期):約30万円〜60万円
乳歯から永久歯に生え変わる時期の矯正治療です。
全ての永久歯が生えそろう前に行う治療です。

 

治療が小児矯正だけで済む場合は少なく、永久歯が全て生えそろうまで様子を見ながら調整する必要があります。
必要であれば、そのまま成人矯正に移ります。
その際は、成人矯正の費用を負担しなければなりません。

 

【治療部分】
・部分矯正:約5万円〜
歯並びの気になる一部分を矯正する治療の場合です。
矯正部分が増えると負担する費用も増えます。
部分矯正とする基準は歯科医院それぞれの判断によります。

 

他にも一部保険適用される手術などが必要な場合は、約50〜60万円かかります。
その手術が保険適用外だと、約100万円〜200万円もかかってしまいます。

 

基本料金に含まれる費用は、それぞれの医院によって定められています。
治療に使うワイヤーや歯を固定するリテーナーなどの器具を含む場合や、一部を含む場合、また一切別料金なんていうこともあります。

 

また、基本料金以外にも負担する費用があります。
・相談/カウンセリング料金:無料〜5000円くらい
・検査/診断料:約2万円〜10万円
・ワイヤー調整費:約3000円〜1万円/回
・ブラッシング指導費:約3000円〜
などの諸費用です。

 

ワイヤー調整料については、基本料金に含む場合もあります。
各歯科医院それぞれの基準で料金体系が決められています。

 

蒸気料金はあくまで一般的な平均額ですが参考にしてみてください。