歯並びの悪影響

歯並びの悪影響

歯並びが悪いと見た目にも自信が持てなくなりますね。
でもそれだけではなくて、からだにも心にも悪影響を与えるんですよ。

 

・虫歯や歯周病を引き起こす:
歯並びが整っていないことで、歯と歯の間や歯と歯茎の隙間にどうしても磨き残しができてしまいます。
残ってしまったプラークが悪さをするので、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

 

・発音に影響:
歯並びのトラブルにもいろいろありますが、代表的な隙っぱの場合、話すときに隙間から空気が抜けてしまい、正しい発音ができません。
特にサ行やタ行に影響が出て、さらに舌の動きが制限されることで、発音が悪くなります。

 

・咀嚼障碍:
特に前歯の歯並びが悪いと、食事の時に食べ物を噛み切ったり、噛み砕いて飲み込むことができなくなり、あらゆる食べ物の咀嚼に影響がでます。
十分に噛み砕かれていない食べ物の消化が消化器官に与える負担は相当大きいです。

 

・顎関節症の原因:
歯並びのトラブルによって咀嚼時の力が平均的に分散されないので、あごへの負担が大きくなります。
お口開閉時のあごの痛みや、耳の周辺のカクカクという音、あご周辺の筋肉の痛み、またそれらが原因の頭痛などを引き起こします。

 

・顔がゆがみ:
あご周辺にある筋肉の発達不足などが原因でかみ合わせがずれてしまい、顔の左右にゆがみが生じます。
もちろん見た目的にもコンプレックスになってしまいますね。

 

・からだの痛み:
身体に与える影響として、頭痛や腰痛、肩こりやめまいなどの原因になってしまうと言われています。

 

・心に与える影響:
歯並びの悪さは、口元へのコンプレックスになります。
「笑いたいのに笑うのが怖い…」
「人前で話すのは避けたい…」
「指摘されたらどうしよう…」

 

歯並びのトラブルの影響が深刻になってしまう前に、専門医で診断してもらうことが大切です。
適切なアドバイスをもらい、必要なら治療をしてもらいましょう。