子供の事を思う

息子の歯の異変

息子の歯の異変に気がついたのは、前歯の乳歯が抜け、永久歯が生えてきたころです。
立派な歯なのに、なぜか上の前歯が、内側に向って生えてきたんです!!
生えきっていないし、最初は様子を見ていたのですが、どう見てもおかしんですよね…。どんどん内側に向っていくんです。

 

生えきってもやっぱり変わりませんでした。
もちろん、下の前歯と噛みあわないので、うどんを噛みきることもできません。
見た目はご想像のとおり、一瞬まだ生えていないのかな?と思うほど内側に向っていました。

 

しかもその前歯のおかげで、その歯と噛みあうはずの下の前歯が逆に前に出てきてしまい、すごく不安定になってしまったんです。
グラつくほどではなかったのですが、固いものを噛む時は、取れてしまわないか心配でした。
結局噛みあわないので、負担は下の前歯だけにかかってしまうんです。

 

ですから思わず「前歯を使わないようにね」なんておかしなアドバイスをしましたし、息子的には非常に不便で仕方がなかったようです。

 

「矯正か…」放っておくわけにはいかないと思っていても、歯科矯正でまず頭に浮かぶのは経済的な負担です。
昔から「矯正はお金がかかる」と言われていましたし、治療期間も想像できなかったので、不安ばかりでした。

 

でも、学校の歯科検診で不正咬合の指摘をもらって、もうこれは決心しなければいけないな!!と心を決めました。

 

かかりつけの医師

かかりつけの歯医者さんに歯科矯正について聞いてみましたが「矯正は早い方がいいよ」ということでした。

 

そのかかりつけ医は、一般歯科と小児歯科が専門で、矯正歯科は専門外だったので、提携している矯正歯科を紹介してもらいました。
とりあえずカウンセリングだけでも受けてみようと思ったんです。
紹介先の矯正歯科医院で決定するわけではなく、あくまで参考にするつもりでした。

 

カウンセリングの予約をし、息子と一緒に診察室に入るやいなや、お医者様がおっしゃったんです。
「あごが狭いんですね」

 

一瞬見ただけで判断できるのだろうかと疑問を持ちましたが、とりあえず子供は言われた通りに口を開けたり閉めたり、イーをしたり…。
その後簡単な問診をして、考えられる不正咬合の原因や、治療方法、治療費などの説明を受けました。

 

詳しい検査をしてみないと断定はできないけれど、不正咬合の原因は「あごの狭さ」だと言われました。

 

歯科医院

心当たりがあったので、遺伝するものかどうか確認したところ、絶対とは言えないまでも遺伝原因は考えられるとのこと。

 

何を隠そう、息子の父親は、あごが狭すぎて糸切り歯が顔を出せず埋まったままという奇跡の歯並びの持ち主なんです!!

 

そこで決心がつきましたね。
「治療をしてあげよう!!」

 

すごく親切に丁寧な対応でカウンセリングをしてもらったのですが、もっとリサーチして安心して任せられる矯正歯科医を探したい、と思ったので、ネットを使っていろいろ調べてみました。

 

いろいろ調べてほんとうによかったです。
治療方法も、治療方針も、経済的な負担もどこも一緒ではありません。
何を基準に選ぶかは個人の自由ですが、便利な時代なのでリサーチを欠かすのはもったいないです。
治療費も安くありませんので、納得できる歯科医院を探しましょう。